2022/06/08

ManageOZO3 3.27.0がリリースされました!一部機能をご紹介します。

OZO3リリース案内

こんにちは、Manageコンサルティンググループの石本です。
ManageOZO3 3.27.0が6月8日にリリースされました。
今回のリリースでは請求書AI-OCRのリリースや経費機能強化がありましたので一部ご紹介いたします!

 

【債権債務】請求書をAI-OCRで読み取りができ申請書へ自動転記が可能になり、入力の手間を削減できます!


領収書のAI-OCRはすでにリリースされていましたが、今回のバージョンから請求書もOCR読み取りができるようになりました。
AI-OCR読み取りをした請求書のデータを支払申請へ転記することができ、従業員の入力の手間を省くことができます。
もちろん電子帳簿保存法にも対応しており、取引先や日付などもAI-OCRで読み取りが可能です。

本アプリケーションはクラウドを利用しているお客様のみの機能となり、請求書AI-OCRオプションのご契約が必要となります。

 

【会計】経費ダッシュボードに予算登録が可能になり、実績と予算を同時に確認が可能になります!

経費ダッシュボード

ポータル画面に表示される経費ダッシュボードに予算登録したグラフや表を表示することが可能になりました。
表示する勘定科目を制限することが可能になり、さらに使いやすくなりました。
また予算表示の参照先を勘定奉行かManageクラウドかを選択することができます。
経費ダッシュボードは予算登録をせずに、利用することができますので、経費管理で申請した経費仕訳をグラフ・表で確認したい場合は設定を行ってください。

 

【会計】出張手当の自動計算機能が追加され、従業員の入力ミス・経理担当者のチェック時間を削減できます!

出張手当では申請時に回数を入力し、管理者側で定義した単価を乗じて算出をしていました。
今回からは出張期間の項目へ日数を入力すると、自動算出することができるため入力者側も承認者側もチェックがしやすくなりました。

自動計算では条件式の設定も行うことができるため、例えば出発時刻が8時より早いか遅いかによって単価を変えたりすることも可能になっています。
今までは目視でしかチェックできていなかった項目が自動算出できるようになったため、詳細な出張手当ルールがある場合は是非設定をしてみてください。

 

【会計】帳簿書類管理の機能が強化され、さらに使いやすくなりました!

帳簿書類管理
帳簿書類管理へアップロードする際の項目を必須にすることができたり、解像度判定がNGの場合は申請ができないように制限ができたりと、制御機能が強化されました。
証憑アップロード後に汎用項目として独自項目に入力をすることができるようになったため、会社独自で管理している項目で証憑の検索が可能になりました。

またそれ以外にも証憑データをCSV出力・取込の対応ができるなどその他機能も強化されてますので、リリースノートで詳細を確認してみてください。

 

ManageOZO3 3.27.0機能のまとめ

今回のバージョンアップでは会計に関する機能が追加されており、さらに使いやすくなっています。
今まで帳簿書類管理や経費ダッシュボードなどの機能を利用していなかった場合はこの機会に是非設定を行って、機能の確認を行ってみてください。
またスマホサイトから会計系の申請書やマスタ系の申請書も申請できるようになり、スマホサイトがさらに便利になっています。
詳細はリリースノートをご確認ください。

▼ManageOZO3 3.27.0リリースノートはこちらから
https://itcs.zendesk.com/hc/ja/articles/6642764915993

今後もはたらくすべての人の業務生産性向上の実現のために、ManageOZO3の便利な機能や使用方法をご紹介してまいります!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

ManageOZO3編集部

ManageOZO3編集部です。 人事・総務・経理の業務を効率化するためのさまざまなお役立ち情報をお届けします。